ナイフ1本で作るタイの伝統工芸ケッサラック(カービング)。
野菜に果物、せっけんをいろんなデザインに変身させます。

@船橋西武でレッスンやってます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
妥協なし カービング

そういえば、、、最近時間をかけた大物を彫ってない。


この写真は昨年のコンテストの時のメロンです。

30個の丸を縦横に配置させ、間を花弁で埋めていく。

単純ですが、根気のいる作業でした。

周囲をハートで埋めましたが、会場で飾ってみると、
ほとんど死角となりました。

見えない部分でも手を抜かずきっちり彫り込む。
円形を重ねずに配置するのは、ジェー先生のデザインに多く見られすね。

丸の厚み、開き具合、ギザギザの間隔、角度、意外と頭使ってます。
でも、何といても切り口のすっきり感、つたわるかな、、?



| 22:34 | カービングにまつわる話 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://ka-tmrh.jugem.jp/trackback/146