ナイフ1本で作るタイの伝統工芸ケッサラック(カービング)。
野菜に果物、せっけんをいろんなデザインに変身させます。

@船橋西武でレッスンやってます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
バンコク3日目〜コンテスト前日〜

コンテストまで残り24時間となりました。
昨晩はホテルに戻り、メロンを仕上げました。
日本に帰国した後もハネデューメロンを買って何度も練習したデザインです。
マルとマルの感覚は何センチが美しいのか、どういう順序で彫っていけば
効率がいいのか、、、
球体上に直線を引くのは意外に難しいのです。
先生のアイディアと共に試行錯誤で改良を重ねたお気に入りのデザインです。

寝不足は仕方がないとしても、体調はまずまずです。
さて、最後のメロンに取り掛かろう、、、
ここで先生より変更指令。

「最後のデザインはスイカで彫るように。」
「え、、、今までずっとメロンで彫ってきたのに、、」
スイカは大きいし(その分時間もかかる、、)皮がメロンに比べて厚いので
指が疲れるんです。
「メロン ダイマイ(いいよね)?」と、ごねてみたものの、
結局スイカで彫ることに、、
時間をかけて彫るので、失敗したらやり直す時間はありません。
それゆえに慎重になり、余計に時間がかかってしまいました。
でも、コンテストでたくさんの人に見てもらうものですので、絶対に
妥協はしたくありません。

で、、、スイカになった孫悟空です。↓
    
くるりん巻いた葉が2つ合体して孫悟空のおでこのようでしょう?
くるりん部分の緑のセクシーさに気を使いました。


マンションからの眺めは突然のスコール
懐かしい風景です。

メンバーの作品たちも続々と仕上がってきました。
夕方、最後の配置を確認
本番は2時間でセッティングしなくてはならないので、
出来ることは今やっておこう。
不安と、楽しさと、疲れとで、
みんな興奮を隠せません。

残りのかぼちゃの薔薇をいくつか彫って、準備終了。
ほかのメンバーも明日に備え、帰宅していきます。
(まだ仕上がっていない作品を持ち帰り、眠れぬ夜を過ごした人たちお疲れ様!!)

よくもまあ、あれだけの果物がY野家の2台の冷蔵庫に収まったものです。
明日は6時マンション出発。
前夜祭が終了しました。

続く、、


| 06:56 | カービングコンテスト秘話 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
なんかスゴイとこに行ってしまった気ぃする。
まあやん、カッコいい☆

作品、美しすぎっ。


| ユッキー | 2009/09/11 01:07 |









 
この記事のトラックバックURL

http://ka-tmrh.jugem.jp/trackback/58