ナイフ1本で作るタイの伝統工芸ケッサラック(カービング)。
野菜に果物、せっけんをいろんなデザインに変身させます。

@船橋西武でレッスンやってます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
カービングコンテスト当日〜part 1~
 9月2日
ホテルを5時30分に出ました。
昨夜は神経が高ぶって1時間ほどしか眠れず、
目の下に隈状態。
バンコク入りして4日目。
疲れがピークに達していました。

6時、我らが本拠地マンションからたくさんの資材、果物たちを 車に搬入開始です。
マンションのレセプションのおにいさん、 早朝の大移動に不思議そうな顔をしています。

「6時出発は早すぎない、、?」
なんて意見もありましたが、先発隊は早いに越したことなし。
バンコクの渋滞に巻き込まれたら大変です。
結局早朝ということもあり、マンションを出てあっという間に会場に到着。


会場のサイアムパラゴン

着いたらすでにホテル関係者か、料理人姿の団体さんが準備に取り掛かっていました。
我々先発隊で駐車場から会場までの荷物を運ばなくてはなりません。

ここで先生と合流。

「私たちの場所は一体どこなんですか、、?」
勝手の分からない日本人が広い会場内でキョロキョロ。
先生、ついてこいと言う割に早足なのではぐれてしまいました。
シェフ姿の参加者に交じり、私服の日本人、かなり目立っていたと思います。

やっとの思いで私たちのセッティング場所に到着。

7時から9時までの2時間ですべてセッティングを終了させなければなりません。
道に迷って迷って、何時に開始したのか時計も見る暇ありませんでした。

さあ!作業開始です。

オアシスを積んで、、
水を汲んで、、、
木を立てて、、
オアシスに葉っぱを指して、、
パパイヤのジャスミン挿して、、、

「時間がない!早く鳥をのせて〜」
「ニッパーはどこだ〜!!」
「かぼちゃ挿し過ぎ〜!!」
「ボンド!ボンド〜!」
「誰か〜バケツの水もう一杯〜!」

修羅場でした、、

メンバーCさん、この手の作業に生き生きしてました!
昨夜一睡もしていない割に動きがいい!

先生 「自由にアレンジしてよし!」
とはいうものの、そんな冷静にできませんよ〜

後発隊のメンバーも揃い、みんながそれぞれの持ち場で本領発揮です。

9時ジャストに終了の合図がでました。
審査員がロープを張って立ち入り禁止にします。

あっという間の2時間でした。
何が何だかわからない、全体のバランスも確認する暇もナシ。


奥に水が流れてます。

朝9時作業終了。
でもこれからが長〜い一日の始まりだったのでした、、

続く、、

| 06:02 | カービングコンテスト秘話 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
果物や野菜を並べるだけじゃなかったのね〜

木の枝や葉っぱも飾り、すごい大掛かりでビックリ!!

すごーく素敵で、見に行きたかったな〜

| nokko | 2009/09/11 16:30 |
ホンマに素晴らしい!!
見事なアート。

睡眠不足で大変やったね。
これから長い1日・・・
体調の方は大丈夫やったの?
| ユッキー | 2009/09/12 16:26 |
NOKKOさん ゆっきー

コンテストって彫るだけではだめだということが
わかったわ〜
アレンジのセンス問われます!
| まあやん | 2009/09/13 17:39 |









 
この記事のトラックバックURL

http://ka-tmrh.jugem.jp/trackback/59