ナイフ1本で作るタイの伝統工芸ケッサラック(カービング)。
野菜に果物、せっけんをいろんなデザインに変身させます。

@船橋西武でレッスンやってます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
カービングコンテスト当日〜part2~
作品完成しました


少し離れた所から冷静に眺めると、
「へぇ〜こんなふうに仕上がったのね〜」
と、メンバーもしみじみ、、、

さあ作品前で記念撮影!
そうしているうちに、見物人が続々と作品前に群がってきました。
みんなカメラや携帯でバチバチ写真を撮ってる、、

この時間はカービング関係者か、、
新しいデザイン、彫り方に着目しているようです。


作業終了と同時にジャッジメントのおじさまたちが
各チーム作品を見て回っています。

あれれ、、先ほど会場内で迷っていた私たちに道案内をしてくれたおじさま。
審判だったのですね。


作品について審判に何か質問されるかも知れないので、
言葉を用意しておくようにと、プレゼン担当のCさん張り切って待機していたのですが、
特に質問もなく。

結果が出るまで他チームの作品をじっくり見て回ります。

結果が何時ころ発表されるのか情報が入ってこないので、
私達ずっと作品の前で立っていました。

おひるには階下のレストランで食事を済ませ、またまた会場で待つ、、、

午後からは、日本人の方たちもたくさん見学に来ていました。

見物の方々と立ち話をしながらも、結果を待つ私達、、、

チームのメンバーたちも、子供の世話があり午後から帰って行きました。
気がつけば、先発隊のCさんとY野さんと私、目の下に隈つくりフラフラ、、、

他チームの人たちの姿はまだあるので、結果はまだ出ていないようです。
5時過ぎたころでしょうか、、、
先生に何度も連絡をとって 「どうなっているのでしょう??」
先生「どうなっているんだ??」

結局6時だったのか、もっと後だったのか、
よく覚えていませんが、カービング会場からほどなく離れた
場所にA4の紙に小さな印刷で結果が発表されました。

シルバーです。
他チームの方々もA4の紙の前に群がって一喜一憂。

これで帰って寝れるわ〜

長い一日でした。


| 06:37 | カービングコンテスト秘話 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://ka-tmrh.jugem.jp/trackback/60